あたし、魔法使いになります

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたし、魔法使いになります

ここで言ったことは他言無用である

タイに行ったら「ち◯こ」「ま◯こ」と同じくらい「ヤマモトヤマ」って言葉が普及していた

この前タイのプーケットに初めて行きました

 

 

タイ自体初めてだったのですが、街を歩くと日本人とわかるようで、商店街の人達から「こんにちは」「安い」「ち◯こ」「ま◯こ」としきりに声をかけられました。

みんな知ってる日本語を適当に言って、なんか買ってもらお!って感じらしい。

 

 

挨拶と安いと下ネタはやっぱり定番だよね。

あたしも海外行った時に現地の人からやたらと下ネタ教えられた記憶があるもん。

 

 

ただそんな言葉をかけられる中、1つわからない謎の言葉。

それが「ヤマモトヤマ」

 

 

どこで買い物しても「こんにちは」「きて」「安い」そして「ヤマモトヤマ」。

道行くお兄ちゃんに声をかけられても、「ヤマモトヤマ」。

ストールを死ぬ気で売ってくるおばちゃんも「ヤマモトヤマ」。

プーケット中に何回聞いただろう「ヤマモトヤマ」。

 

 

ヤマモトヤマとは何か。

上記の言葉のレパートリーから考えるに、おそらく挨拶の一種か下ネタである可能性が高い。

日本人であるあたしが日本語の挨拶(または下ネタ)を知らないなんて、このままじゃJapaneseとして恥ずかしいと思い、この正月休みで「ヤマモトヤマ」について考えてみることにした。

 

 

 

謎の言葉「ヤマモトヤマ」とは

 

 

まず「ヤマモトヤマ」という音しか知らないが、おそらく一般的な漢字に当てはめると「ヤマモトヤマ」は「山本山」ではという考えに至った。

変な切り方しなければ、普通に山本山で間違いないと思う。

 

 

次に敵を知るにあたって、圧倒的な知識量であるGoogle先生を頼ることにした。

山本山」で画像検索・・・!

 

 

f:id:sayocom:20170106010547p:plain

 

 

なんかめっちゃお相撲さん出てくる。

 

 

 絶対これじゃん。

「ヤマモトヤマ」間違いなくこの人じゃん。

 タイで挨拶として使われてるのこの人じゃん。

 

 

とりあえず一番左上の赤っぽいまわしのヤマモトヤマを選択。

 

 

 

「ヤマモトヤマ」こと「山本龍太さん」

 

 

左上のヤマモトヤマを選択するとこのページに。

 

 

f:id:sayocom:20170106011321p:plain

 

 

「ヤマモトヤマ」の正体は、尾上部屋所属力士の山本山龍太さんのようです。

この記事を読むと、みんなからはドンブリ王子と呼ばれているようで、本人のコメントも楽しく、親しみやすいお相撲さんのようです。

 

 

最高位は西前頭9枚目(2009年5月場所)、2011年2月の身体測定で現役力士最重量記録を更新し、巨大なあんこ型力士として人気を博したが、2011年に大相撲八百長問題に関与したことで引退した。

 

 

ありましたね、八百長とか。

あたしはあんまり相撲詳しくないけど、かなりニュースになってたからおぼえて・・・

!?

f:id:sayocom:20170106012156p:plain

 

 

 

!?

f:id:sayocom:20170106012335p:plain

 

 

 

「ヤマモトヤマ」やっぱり下ネタじゃん。

 

 

 

でもあれだけタイで有名になっているので、きっとすごい方なのでしょう。

なにがすごいとか、テクニックがすごいとか、そういうことは置いておいて、きっとすごいのでしょう。

 

 

もしかしてタイでそんなマニアックなビデオが流行っているのではとか、そういう邪推はやめましょう。

とりあえず、あたしはこれから山本山を応援すると決めた。

 

 

お相撲さんは誰ひとりとして名前わかってなかったけど、山本山のことは決して忘れない。

こうやって日本の文化は後世に伝わっていくんだ。

 

 

山本山ありがとう。

後でツイッターとか探してフォローさせていただきます。

 

 

こうして少し相撲を知ったお正月でした。 

おわり。